神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは? 外壁塗装 屋根塗装 横浜市都筑区 有限会社オータペン

30周年
  • 電話
  • メニュー

お電話でのお問い合わせ

045-591-1906
〒224-0027 神奈川県横浜市都筑区大棚町604

メールでのお問い合わせ

メールからのお問い合わせはこちら

神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは?

2021年10月21日
神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは (1)

神奈川県横浜市西区にて、外壁塗装を行いました!

 

【モルタル外壁の特徴】

今回、塗装させていただいた外壁はモルタル外壁です。

色々な建物に使用されているので、よく見かける、自分の家もこの外壁、という方も多いのではないでしょうか。

神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは (2)

モルタル外壁は水・セメント・砂を混ぜた材料で形成された外壁です。

意匠性に優れており、質感が良く味わい深い仕上がりで、継ぎ目が無いのでというメリットがあります。

 

デメリットとしては、年月が経つにつれ、塗膜の防水性能が低下する事で、様々な劣化症状が現れます。

モルタル外壁は特にひび割れしやすい外壁です。

ひび割れは建物内に水が侵入してしまう恐れがあるので、ひび割れの大きさによっては早急な対処が必要です。

「こんな症状が出たらご相談ください」は、こちらのページです。

 

また、凹凸があるので汚れが付着しやすく、塗膜の下の下地は防水性が低いという特徴があります。

 

塗装工事では、ひび割れの補修をしてから塗装を行います。

汚れに強い塗料や耐久性の高い塗料、ひび割れにくい弾性塗料などがありますので、塗り替えによってモルタル外壁のデメリットを長くカバーする事ができます。

「初めて外壁塗装する方へ」は、こちらのページです。

 

 

【下塗り・中塗り・上塗りとは?】

塗装工事は、下地処理をした後、基本的に下塗り→中塗り→上塗りの3度塗りで仕上げます。

(下地の状態によっては下塗りを2回、仕上がりの状態によっては上塗りをもう1度行う場合もあります。)

それぞれの違いについてご紹介します。

 

神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは (3)

 

①下塗り

仕上げ塗料とは異なる、下準備の塗装で、外壁だとほとんどがホワイトか透明のクリアータイプの下塗り材を使用します。

下地と仕上げ塗料の密着性を高める接着剤のような役割や、凹凸を平滑にする役割、傷んだ下地に仕上げ塗料が吸い込まれて色ムラを防ぐ役割、ホワイトの下塗り材では下地の色を隠してイメージ通りの仕上がりに近づけるなど、下塗り材によって様々な役割があります。

 

②中塗り

仕上げ塗料1回目の塗装です。

仕上げ塗料は重ね塗りをする事で、均一で厚みのある塗膜に近づけます。

また、塗料には塗料メーカーが定めた基準塗布量があり、仕様通りの量で塗装しなければ、塗料が持つ機能(防水性や低汚染性など)を発揮する事ができません。

 

神奈川県横浜市西区 外壁塗装 モルタル外壁の特徴 下塗り・中塗り・上塗りとは (1)

 

③上塗り

最後の仕上げの塗装です。

基本的には中塗りと同じ塗料を使って重ね塗りします。

「お問合せからお引渡しまでの流れ」は、こちらのページです。

 

−N−

 

横浜市、川崎市、東京都南部で、塗装工事、屋根工事のことなら、横浜塗装本舗へお気軽にご相談ください。

  • 失敗しない外装塗装店の選び方
  • 外装・屋根診断
  • こんな症状が出たらご相談ください
  • アドグリーンコート
  • エスケープレミアムシリコン
  • パーフェクトラジカル
  • ガイナ
  • パーフェクトラジカル
  • 外装に合わせて選べる塗装
  • 塗料だけにこだわってませんか?
  • オートンイクシード
  • ご挨拶から、掃除まで。 一つ一つを丁寧に、まじめにやってきたから、30年続けられました。
  • こんな営業には要注意!
  • 塗装屋選びに失敗しないために
  • 毎年無料!安心の定期訪問サポート

会社概要

イメージ

有限会社
オータペン

〒224-0027
神奈川県横浜市都筑区大棚町604
【営業時間】8:00-21:00
TEL:045-591-1906
FAX:045-944-1632

事業内容

外壁塗装、屋根塗装、漆喰工事、防水工事、リフォーム